読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親愛なる君へ

V6ファンによる思いついたことを思いのままに語るためのメモのようなノートのような

V6のコンサートにおける掛け声と手振り

V6のコンサートに参加した時、メンバーやファンの皆様と一緒に掛け声や手振りができるとより楽しめると思います。

そこで私なりに声掛けと手振りに分けてまとめてみました。

声掛け…コール&レスポンス。曲中に入れる合いの手。V6のメンバーの名前を曲中に呼ぶことはありません。

手振り…曲中に掛け声をするより手振りや踊りを一緒にする方が多いV6コンサート。メンバーも踊るのに比例するのかファンの手振りもセミプロ級です。

詳しくは発売されているV6のコンサートDVDをご参照ください。

掛け声・合いの手

MUSIC FOR THE PEOPLE(1stシングル)

昭和的な掛け声で「寂しく(フフー!)」「させても(フフー!)」「許してくれ(フーフーフーフ!)」

愛なんだ(5thシングル)

サビ前「時の流れにいつか消えてしまうのかい」後に(イエーーイ!!)

 本気がいっぱい(6thシングル)

サビ前「テキトーに生きたくない~」から(ヘイ!!)

Believe Your Smile(12ndシングル)

「遠い夢の中へ歩いて行こうどこまでも~」の後に(ウォ~ウォ~ウォ~)

one(21stシングル「Feel your breeze」カップリング)

曲中の女性ボーカルS.E.S.のShooさん部分。掛け声ではなく歌います。

 

手振り

WAになって踊ろう(7thシングル)

 サビ部分から。「オ~オ~オ~」で手を左右に振った後「さぁ輪になっておどろう」で手を上下斜め?にする手振り。

over(11stシングル)

 サビ部分から。トニセンとカミセンで手振りが違いますがお好きな方をどうぞ。

CHANGE THE WORLD(17thシングル)

 サビ部分から。V6がやっている振りと同じものを上半身のみ。

愛のMelody(18thシングル)

 イントロから「あなた~だけに」で手を挙げ「捧ぐ」で手を拳にして振るなど一連の流れはメンバーと同じように。コンサートで何度もやっているからかメンバー内でも若干違いというか個性がでていますので、ファンの方を見て覚えた方が分かりやすいかもしれません。

 Darling(23rdシングル)

 サビ部分の「ダ~リンダ~リン」でパンチする感じなのですが、あまりやらない手振りのような気がします。

 グッデイ!!(29thシングル)

サビ部分の「君と始まる~」から一通り。「グググディ!」部分で裏ピース横バージョンのような部分だけでも覚えておくと良いです。 

HONEY BEAT(30thシングル)

イントロから手をバタバタします。手の動きは簡単なので覚えやすいです。披露時に主に2パターンあり手をクロスさせるかさせないかがありますが、あまり細かいことは気にしなくて良いかと思います。

Swing!(34thシングルLIGHT IN YOUR HEARTカップリング)

メンバーが誘導してくれますが、「レフト」で手を左、「ライト」で手を右に振ります。メンバーと同様にすると鏡状態で左右逆になるので、自分からみて右左で揃えるパターンとメンバーに揃える2パターンあります。時と場合により使い分けますが、基本は自分からみて左右かと思います。 

Sexy.Honey.Bunny(38thシングル)

最初の坂本くんソロ「セクシー!」部分を揃えると楽しいです。サビ部分は比較的簡単なので全部覚えられます。

バリバリBUDDY!(39thシングル)

 V6史上最速シングルと話題になった曲ですが、私たちファンもエクササイズして息切れしましょう。周りに邪魔にならない範囲でメンバーと同じようにバリバリ踊りましょう。

  

その他

「Theme of Coming Century」(V6シングル「MUSIC FOR THE PEOPLE」収録):掛け声

オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ」(20th Century シングル「オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ」収録):手振り

「夕焼けドロップ」/長野&井ノ原(V6アルバム「musicmind」収録):手振り